宿泊税の使途(宿泊税の活用)について

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007509  更新日 令和6年6月17日

印刷 大きな文字で印刷

宿泊税導入周知ポスター

宿泊税の使途(宿泊税の活用)

旅行やビジネスを目的とした来訪者(宿泊者)の受入環境の整備、観光資源の磨き上げ及び情報発信の充実により、さらなる来訪者(宿泊者)の増加を図ることで新たなサービスを提供し、まちの魅力を向上し続ける好循環を形成する費用として活用します。

宿泊税の使途(宿泊税の活用)について「宿泊税の使途の考え方」

宿泊税を財源とする取組(案)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 観光戦略課
〒479-8610
愛知県常滑市飛香台3丁目3番地の5
電話:0569-47-6116 ファクス:0569-34-9784
お問合せは専用フォームをご利用ください