地方独立行政法人知多半島総合医療機構

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007307  更新日 令和6年5月17日

印刷 大きな文字で印刷

地方独立行政法人知多半島総合医療機構評価委員会について

地方独立行政法人知多半島総合医療機構評価委員会について

評価委員会とは、地方独立行政法人法において、地方独立行政法人を設立する団体に置かなければならない機関として定められているものです。

法人の業務実績の評価を行い、必要に応じて改善勧告等を行います。また、市が中期目標を策定する際、法人が作成した中期計画を市が認可する際には、この評価委員会の意見を聴くよう法律や条例で定められており、その専門性や実践的な知見を踏まえ客観的な立場での意見を提示する重要な役割を担っています。

・設置根拠法令等

 

・設置年月日

令和5年7月1日

・所掌事務

地方独立行政法人法第11条第2項の規定によりその権限に属せられた事項に関すること。

・委員数・任期・委員の氏名(所属・役職名等)

6人、2年

・会議公開

原則公開

会議開催日・会議記録等

知多半島総合医療機構理事長の内定について

・主催者

 半田市立半田病院・常滑市民病院

・参加者/対象者氏名・年 齢など

 理事長内定者:渡邉和彦(わたなべかずひこ) 60 歳

・趣旨(目的)

 令和7年4月1日に設立する予定の知多半島総合医療機構の理事長が内定しました。

・内容

 令和7年4月1日に半田病院・常滑市民病院は地方独立行政法人化し、「知多半島総合医療機構」 を設立する予定です。 地方独立行政法人の理事長は、法人定款において「半田市長及び常滑市長が協議のうえ、半田 市長が任命する」としているため、令和6年4月30日に両市長が協議をした結果、理事長を内定 することとなったものです。 情熱メッセージ 知多半島総合医療機構の設立まで、残り1年足らずとなりましたが、理事長内定者を中心とし て、半田病院・常滑市民病院の地方独立行政法人化、経営統合に向け準備を進めてまいります。 なお、地方独立行政法人法等に規定されている理事長の役割、任命理由、略歴など詳細につい ては、別添ファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民病院 管理課
〒479-8510
愛知県常滑市飛香台3丁目3番地の3
電話:0569-35-3170 ファクス:0569-34-8526
お問い合わせは専用フォームをご利用ください